カテゴリー: 自己啓発

現代における実物の本の価値

I will lend books to people, but of course, the rule is “Don’t do that unless you never intend to see that book again.” The phyisical object of a book is almost like a person. I mean, it has a spine, it has a back bone.  It has a face.  Actually, it can sort of be your friend. Books record the basic human experience like no other medium can.  Before there were books, ancient civilization would record things by notches on bones or rocks or what have you.  The first book as we know them originated in ancient Rome.  We go by a term called the codex, where they would have two heavy pieces of wood which become the cover, and then the pages in between would then be stitched along one side to make something that was relatively easily transportable. They all had to completely be done by hand, which became the work of what we know as a scribe.  And frankly, they were luxury items.  And then printer called Johannes Gurtenberg, in the mid-fifteenth century, created the means to mass-produce a book, the modern printing press.  It wasn’t until then that there was any kind of consumption of books by a large audience.  Book covers started to come into use in the early nineteenth century, and they were called dust wrappers.  They usually had advertising on them.  So people would take them off and throw them away.  It wasn’t until the turn of the nineteenth into the twentieth century that book jackets could be seen as interesting design in and of themselves.  Such that I look at that and I think, “I want to read that.  That interest me.”   The physical book itself represents both a technological advance but also a piece of technology in and of itself.  It delivered a user interface that was unlike anything that people have before.  And you could argue that it’s still the best way to deliver that to an audience.  I believe that the core purpose of a physical book is to record our existence and to leave it behind on the shelf, in a library, in a home, for generations down the road to understand where they came from, that people went through some of the same things that they’re going through, and it’s like a dialogue that you have with the author.  I think you have a much mote human relationship to a printed book than you do to one that’s on a screen.  People want the experience of holding it, of turning the page, marking their progress in a story.  And then you have, of all things, the smell of a book.  Fresh ink on paper or the aging paper smell.  You don’t really get that from anything else.  The book itself, you know, can’t be turn off with a switch.  It’s a story that you can hold in your hand and carry around with you and that’s part of what makes them so valuable, and I think will make them valuable for the duration.  A shelf of books, frankly, is made to outlast you, no matter who you are.

私は本を人に貸すとき、その本が二度と帰ってこないと思われる場合は決して貸さない。 実物の本は人間のようである。 意味するところは、それは背骨である。 顔を持つ。 実は、それは君の友達ともいえる。 本は、他の媒体ができないような人の根本的な経験を記録できる。 本ができる前、紀元前では骨や岩、その他自分が持っているものへ刻んで記録していた。 我々が知る本が最初にできたのは古代ローマだった。 コデックスと呼ばれる場所。ほんのカバーになる2枚の思い木の板と、それにページをはさみ、比較的簡単に持ち運べるように。 この作業は手作業で完璧に行われた。これは写本筆写者の仕事になった。 正直、それらは高価な道具だった。 15c中期のヨハネスグーテンベルクは、本の大量生産機械を開発。 その時初めて大衆に本が行き渡った。 ほんのカバーは、19c初期に、ほこり包装紙と呼ばれ、使われるようになった。 カバーにはよく広告が掲載された。 だからカバーは取り外され捨てられた。 19cから20cに代わるころにようやく尾の白いデザインのカバーが見られるようになった。 そのようなものを見ると私はこう考える。読みたい、僕を惹きつける。 実物の本自体は、テクノロジーの進化だけでなく、テクノロジーの一片を表す。 それは、人が以前まで持っていたものとは違った読み手のインターフェイスをもたらす。 そしてそれを大勢にもたらすのに最適な方法だということに賛成するだろう。 実物の本はーのためにある。自分らの存在を記録し、棚に保管する。次世代に自分らはどこに端を発するかを理解する道筋を示すため。次世代が、過去の出来事と同じようなことを経験する。そしてそれは筆者との対話なのだ。 人との関係は、スクリーン上より実物の本の上でのほうがより多く持つ。 人は、ストーリーに人と関係を持ち、ページをめくり、道筋をマークする経験をしたい。 そして本の香り。 ページに乗たった新鮮なインクが香る。 それを他のどこからも得られない。 本はスイッチで切り替えられない。 実物の本は手で持ち歩ける物語であり、その行動に価値を付与する。継続の価値。 君がだれであろうと、棚の本は君を長生きさせるためにある。

暇を持て余した大学生がおすすめするyoutubeチャンネル5選。

ども、youtubeに生かされています、平子です。

 家に引きこもることを半強制されている現在、youtubeに時間という養分を吸わせている方が多いのではないでしょうか。

 私は1年半以上前から”youtube premium”という定額制プランに加入しているくらい、youtubeが大好き。家では常に流れています。

 そんな私が、この自粛期間におすすめしたいyoutubeチャンネルを5つに絞って紹介します。させてください。大好きだから。

 ※ ヒカキンさんやはじめしゃちょーさんは有名すぎるので省きます。おすすめだけどね!

ーーーーー

目次

  1. uuumの器用な暴れん坊将軍。「瀬戸弘司」
  2. 書評動画を分かりやすく紹介。「文学youtuberベル」
  3. 人間の神秘。「ジャルジャル公式チャンネル」
  4. 天然なのは中身。天然水なのは歌声。「Aoi ch.」
  5. 集中モードへのトリガーにいかが?「Chilled Cow」

uuumの器用な暴れん坊将軍。「瀬戸弘司

 有名なyoutuberが多いuuumに所属する、youtuber歴10年の重鎮。動画コンテンツは多岐にわたりますが、商品紹介が主。

 僕は彼がyoutuberで最も編集技術が高いと思っています。生放送なのに自分の声にリバーブ(響くやつ)がかかったり画質がキレイだったり…ホントに生放送か疑うレベル。

 もちろん普段の動画のクオリティも最高品質。おじさんが最高画質で映るので、それに抵抗のない方はぜひ一度覗いてみてください。以下、おすすめ動画です。

書評動画を分かりやすく紹介。「文学youtuberベル

 僕の今年の目標は「読書癖をつける」こと。youtubeで書評動画を漁ってた時に出会ったチャンネルです。

 これほどわかりやすく、はきはきと喋ってくれる方は滅多にいないと思います。ベルさんが紹介した本は一冊残らず読みたくなってしまう…。

 そして何より!ベルさんが美人すぎる!!!!!ベルさんのプライベートな姿が見られるのは「文学YouTuberベル2ndチャンネル」の方が多いので、リンク張っておきます!

 以下、ベルさんのおすすめ動画!書評動画ではありませんが、ベルさんの可愛さが溢れております…。

人間の神秘。「ジャルジャル公式チャンネル」

 こちらは毎日18時にジャルジャルのショートコントが投稿されるチャンネル。

 もうすでに800本近くのネタが投稿されており、当分の間は暇に困りませんね!

 おすすめの動画は一本には絞れないので、以前僕が紹介した記事をご参考下されば!

天然なのは中身。天然水なのは歌声。「Aoi ch.

 Vtuber界からは富士葵さんを全力でおすすめします!!!!お転婆天然娘さんで、しかし一方でたまに投稿される「歌ってみた動画」では、プロ顔負けの天然水ほど透き通った歌声を聴くことができます。聴いていると自分自身が透けてしまうのではないかと思ってしまうほど。

 「歌ってみた動画」以外の動画は、かなり”変”なものが多い。どなたの発案で動画が制作されているのか分かりませんが、コンセプトを考えている方はかなりの変態かと思われます…。発想がぶっ飛んでいる…。

 おすすめポイントはもう一つ。葵ちゃんの活動を陰で支えるキクノジョーという魔界の住人(という設定)がいらっしゃるのですが、この方がまた面白い…。この二人の共鳴が面白さを倍増させていると思います。最近動画に登場されないのが残念…( ;∀;)

 以下、おすすめの歌ってみた動画。歌難易度激ムズと言われているAimerの「I beg you」。これほどダークな部分まで表現できているのはおそらくAimerと葵ちゃんだけかと…。

集中モードへのトリガーにいかが?「Chilled Cow

 こちらは以前紹介いたしました、以下の記事で詳しく書いております。

 こちらのチャンネルでは、”lofi hip hop(ろーふぁい ひっぷほっぷ)”という音楽が「ずっと」生放送で流れ続けています。つまり作業用BGMとしておすすめのチャンネル。

 しかし、上の記事を書いたときは”lofi hip hop”というものが何かわからないまま書いておりました…切腹します…(しません)。

 ”lofi hip hop”とは、「意図的に汚したジャズなどのサンプル・ネタと、レイド・バック気味のヨレたビートで構成されるインストゥルメンタル(出典元)」のことだそう。

 よくわかりませんね。平たく言うと、「少しノイズが混じったジャズ」とでもしましょうか。

 このBGMとしての機能がどれだけ有意義化は上の記事にまとめておりますので、ご参照くださいませ。とにかく、頭を集中モードに切り替えるには十分すぎるほど心地の良い音楽です

ーーーーー

 以上でございます。

 少しでも気になるチャンネルがありましたら、見出し部分にリンクを絡めておりますのでそちらからとんで見ていただければ!

 自分が好きなものについて書くのは楽しいね!昨日の挫折が嘘みたいに手が動く!

ーー終わりーー

自粛期間中の模様替えは価値あり。

また自分の部屋を模様替えしてしまった…。

 毎年10回以上、模様替えをしているのではないだろうか。

 デスクの位置を変え、小机の位置を変え、大きな椅子を購入し、部屋が狭くなり、ふとんを敷くスペースが限られ…

 かなり配置の考え甲斐のある部屋になりつつあります。

 実家暮らしの今、3畳半しかない自分の部屋の過ごしやすさを追求することがとにかく楽しい。

 掃除も同時にするから、部屋がきれいになる事もリフレッシュに繋がりますね!

 来年の今頃は1人暮らしをしているでしょう。どんな部屋になっているのか、今から楽しみ…それが就活のモチベ。

2020年度、毎日これやります。

ども、文系超絶普遍的大学生の平子です。

暇です。

大学4年になり単位はほぼ取り終え、就活も佳境を迎えています。

よって、僕はいま世界で最も暇と言っても過言では…ないよね…?

しかし、世界が混乱に陥っている現在、大方が不自由な生活を強いられている中で、今後頭一つ抜けるためには今できる事を最大限追求しなければならないことを悟った僕は、今後一日たりとも無駄な日を作らないことを目標に、「毎日のTODO」を定めました。

というわけで、2020年度は、毎日以下のことをやり続けます。

  • 7時間睡眠
  • 英語音読
  • 映画鑑賞
  • ゲーム配信
  • ブログ執筆
  • note執筆
  • 読書

余裕があれば、以下のことを追加でやります。

  • 朝ラン
  • Uber eats配達

上記のことについて、やる意味や内容について深掘っていきます。


7時間睡眠の定着

 今までは平気で10時間は布団な中にいることがほとんどの日常でした。

 しかし社会人になるにあたり、睡眠時間は満足に取れなくなっていくのが普通です。

 そこで、今のうちに短い睡眠時間に慣れ、その状態で最高のパフォーマンスを発揮できるように今から準備します。

 ただ、いきなり睡眠時間を3時間も削るなんて難しい…。そこで僕は考えました。英語の音読です。(下へ続く)

英語音読

 上の二つの英語を、毎朝目覚めた瞬間に音読します。

 体は布団の中のままで、evernoteに書いた各スクリプトを参照しながらボソボソと音読をします。

 これ、かなり目が覚めます

 目覚めた瞬間に話すことが効いているのか、それとも英語を見ることが効いているのか。ハッキリしませんが、英語を音読することによって目が覚めることは事実です。

 音読を始めたキッカケは、「プレゼンがうまくなりたい」から。大学1年の時に授業で見せられたTEDがキッカケでプレゼンのかっこよさに気づいた僕は、大学の授業でプレゼンの授業を受講するにとどまらず、近所の公民館の一室をお借りして友人とプレゼンをし合っています。これについてはまた別に記事にて。

映画鑑賞

 こちらはただの趣味です。

 しかし映画から得られるものは非常に多く、時間的コスパは最高だと自負しています。

 もちろん、映画というコンテンツを最大限発揮するには、鑑賞後の「深堀り」が大切です。

 何か疑問点や気になるシーンがあった場合、そのままにしておいてはおもしろさは半減します。

 隅から隅まで理解できて初めて、「映画を鑑賞した」と言えるのです。

 映画館に行けない今こそ…!!!

ゲーム配信

 ゲームは毎日しているので、全く苦ではありません。

 アプリ「ドラガリアロスト」、おすすめです。今度記事にします。

 配信方法は「Mirrative」というゲーム配信に特化したアプリを使っています。現時点で21日間の毎日配信。こちらも継続します。

 「ひらこ」という名前でやっているので、ぜひに!

ブログ執筆

 このように毎日ブログを書こうと決心した理由。それは「知識や経験をアウトプットする場が欲しかったから」。

 プレゼンが好きな理由と類似しています。

 情報にまみれた現代。またあらゆる経験が手軽にできる。

 そんな時代に生きているので、日頃から得たものは常に形として残しておきたいのです。記憶の奥底に仕舞い込まれては勿体ない。

 今後はさらにオンラインでの発信力が重要視されていくという予想も相まって、こうしてブログを毎日更新するに至りました。

 いずれは収益化を目指したいですが、とりあえず今は自己満足で、書きたいことを書いていきます。

note執筆

 こちらは昨年からボチボチ続けていて、今では毎日投稿82日目。

 もとはnoteで発信活動をしていたのですが、思い切ってブログを開設したことでnoteはやめ…….

ない!!!

 ブログもnoteも、どちらも毎日投稿を続けます!

 正直まだ使い分けはできていませんが、メインの活動をブログにし、ブログで投稿したものをnoteで紹介しようかなと現状考えています。

 使い分けに関しては、毎日続けていくうちに時間が解決してくれるでしょう…。

読書

 読書癖がある人は強い。

 これはおおよそ9割の方が賛成してくれるでしょう。

 世の中に”絶対”なことはないので、9割としましたが、もし読書に反対の方がいらっしゃるのならその意見をお聞きしたい。

 それくらい、読書は大切なことだと思っています。

 だからこそ、読書癖のない現状に危機感を抱き、毎日読書することを決心しました。


 今まで胸を張って「これ頑張った!」と言えることがない自分からの脱却を全力で目指します。

 応援よろしくおねがいします!!!!!

今年度、毎日これやります。暇なんで。

  • 7時間睡眠に慣れる
  • 英語の音読
  • 映画鑑賞
  • Uber eats 配達
  • ゲーム配信
  • ブログ執筆
  • note執筆
  • 読書

以上のことを、大学4年を迎えて暇なこの一年間やり通します。

今日で4日目ですが、何とか食らいついています。

ただでさえコロナで行動力が試される時。今動かなくていつ動く!?

上記のTODOそれぞれについては、また明日のブログで深掘っていこうと思います。

それでは。