地震の歴史を遡ってみた。

地震の歴史を遡ってみた。

本日(2020/04/23 13:44頃)に、長野県中部でM5の地震があったそうです。

地震という自然災害がが絶えず襲い掛かってくる国、日本。それはコロナで大変な時でも平等にやってきます。

僕は今日のこの地震のニュースを見た時にふと疑問が浮かびました。

「日本での地震はいつから発生し始めたのだろう..?」

もちろん、地震とは地殻の変動によって起こるものなので、日本の地面が北アメリカプレートユーラシアプレートフィリピンプレートの3枚のプレートの上に移動してきた時からずっと地震はあったでしょう。

では具体的に、地震を観測され始めたのはいつからで、どれほどの規模の地震があったのか、調べましたのでアウトプットします。

「東日本大震災」

日本史上最大の規模(マグニチュード)の地震。
2011/03/11の午後に発生し、Mは脅威の9.0死者・行方不明者は合わせて22,199人にまで上ります。

死者の死因を分解してみると、地震による死者はたったの4%で、津波による死者が全体の90%。津波の怖さを思い知るのに十分すぎるほどの数字です。

2020年現在でも未だ復興は完了しておらず。仮設住宅入居者数はピーク時の数%と大きく収まったものの、長い間仮設住宅に入居していた高齢者は現在、転居に関する問題を抱えているそう。これには地域の手助けも必要になってきそう…。

「関東大震災」

次に紹介するのは死者・行方不明者数が最も多かった地震。1923/09/01の正午2分前に発生しました。

死者・行方不明者数はなんと105,385人で東日本大震災の約5倍。内92,000人が火災で亡くなっている

正午の昼食時を襲った地震だったため、火が多く使われる時間帯だったとみられる。Mは7.9

情報がシャットダウンされている中で、あろうことかお役人さんが関東大震災を「朝鮮人来襲説」というデマとして流布。それが心の弱り切った民衆に取り付き暴動をおこし、朝鮮人を虐殺するという蛮行に走った。各地では朝鮮人来襲に備え自衛団を結成する者たちまで。

それでは文字による観測が始まった416年頃まで遡って地震を見てみよう。

「允恭地震」
416年(古墳時代)の08/22に発生。『日本書紀』に「地震」の文字が確認されたそう。ちなみに允恭(いんぎょう)とは当時の允恭天皇からとったもの。記録に残る日本史上で最初の地震です。

ちなみに、5世紀の日本はまだ「倭」と呼ばれており、氏と名を名乗ることができ始めました。前方後円墳が各地に見られ、はにわという文化が形成されていった時代。

5世紀に確認された自身は2つですが、その後9世紀には一段と地震数が増えたそうです。これは一説には、日本の中央集権体制が整い始め、政治家さんたちが積極的にデータを収集し始めたからではないかとされています。


ずいぶんと薄い内容…いかがでしたでしょうか。

wordpressをまだまだ使いこなせていないので、ノビシロですね!


出典

・広報ぼうさい(2017),「過去の災害に学ぶ(第13回) 1923(大正12)年関東大震災 - 揺れと津波による被害 -」http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/pdf/kouhou039_20-21.pdf(2020/04/23).

・gooddoマガジン編集部(2019),「東日本大震災の復興状況は?今も必要とされる私たちの支援とは」https://gooddo.jp/magazine/climate-change/earthquake/eastjapan_earthquake/3619/(2020/04/23)

・ウィキペディア(2011),「東日本大震災」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD#%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%81%AE%E5%86%85%E8%A8%B3%E3%81%A8%E6%AD%BB%E5%9B%A0
(2020/04/23).

・高崎哲郎(2018),「関東大震災~死者約10万人、朝鮮人虐殺、復興事業の成果、疑獄~」https://www.risktaisaku.com/articles/-/5404(2020/04/23).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください