就活生必見!「手取り」と「額面」の違い

就活生必見!「手取り」と「額面」の違い

本日の記事は、👇の記事をサラ―っと読んだので、内容をアウトプットしたものを共有!

給与明細からたどるお金のこと #1手取りと額面初任給を受け取った新社会人のなかには、「少ない」と思った人もいるのではないか。実際の「手取り」は、会社が支払う「額面」からvdata.nikkei.com

給料の手取りの数字と額面の数字が必ずしも一致しないことを説明します。

・「手取り」=(「①基本給」+「②各種手当」)-(「③社会保険料」+「④税金」+「⑤その他費用」)
※ ①+②=「給与」
※ ③+④+⑤=給与から「天引き」されるもの

目次

  1. ① 基本給
  2. ② 各種手当
  3. ③ 社会保険料
  4. ④ 税金

① 基本給

 基本は日本では年功序列の風土が根強いが、サ㏍んでは成績によって柔軟に変わるところも。

 また、「春闘」といって、労組が会社との交渉で「ベア(ベースアップ)」や「定昇(定期昇給)」を求める運動がおこることがある。

② 各種手当

 常陽労働者の平均給与は約31万、内手当てが占める割合は42,000。手当の中で最も支給の割合が高いのは「通勤手当」で、驚異の92%。これすら支給されない会社なんてあるのかな…。

③ 社会保険料

 「厚生年金」「健康保険」「雇用保険」「介護保険(40歳から)」

④ 税金

 「所得税」「住民税」


大雑把な説明でしたが、いかがでしたでしょうか。

お金のからくりはを知らないまま社会人になると、一生国に搾取されるだけの人間になってしまいます。自分で考えられる人間になりましょう(ブーメラン)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください