タグ: 夏

エアコンの仕組みをわかりやすく解説!

ども!文系大学生の平子です! 絶賛就活中!

本日2020年5月2日。ゴールデンウィーク初日から関東ではなんと気温29℃

ゴールデンウィーク初日から関東ではなんと気温29℃

我慢できずもうエアコンを解禁してしまったご家庭も多いのではないでしょうか。

暑くてたまらなかった部屋が徐々に冷えていくあの感覚。「冷房病」ちう言葉もあるくらい、癖になりますよね…。

そこで本日は、エアコンはどのように部屋を涼しくしてくれているのかをできる限り解説していきます!


何事も結論から!ということで、まずエアコンがどのようにして部屋を涼しているのか端的に。

ズバリ「部屋にこもった熱を外へ追い出すことによって部屋を涼しくしている」

以下から詳しく詳細を説明していきます。

まず、「エアコン」という装置が何を指しているのか、正確にご存じでしょうか。

エアコンとは、「室内機」「室外機」という2つの機械をまとめて刺した言葉です。室内機と室外機は「パイプ」で繋がれています。

そして「室内機」「室外機」と、両者をつなぐ「パイプ」を、「冷媒」という成分が巡回しています。

冷媒とは、室内の熱を載せて野外まで運んで放出してくれるものです。例えるなら、「熱」という乗客を乗せて野外へ運ぶ電車のようなイメ―ジ。

この電車(=冷媒)が停車する駅の役割を成すのが「熱交換機」という部品。熱交換器は室内機と室外機にそれぞれ一つ付いており、ここで熱が乗車、降車をします。

要所の名前と役割を紹介したところで、全体の流れは以下のようになります。


いかがでしたでしょうか。

僕も冷房がないと夏を越せない重度の冷房病患者なので、仕組みを理解して気持ちのいい冷房ライフを送りたいものです!

自分の絵の分かりにくさに震える…。