タグ: book

現代における実物の本の価値

I will lend books to people, but of course, the rule is “Don’t do that unless you never intend to see that book again.” The phyisical object of a book is almost like a person. I mean, it has a spine, it has a back bone.  It has a face.  Actually, it can sort of be your friend. Books record the basic human experience like no other medium can.  Before there were books, ancient civilization would record things by notches on bones or rocks or what have you.  The first book as we know them originated in ancient Rome.  We go by a term called the codex, where they would have two heavy pieces of wood which become the cover, and then the pages in between would then be stitched along one side to make something that was relatively easily transportable. They all had to completely be done by hand, which became the work of what we know as a scribe.  And frankly, they were luxury items.  And then printer called Johannes Gurtenberg, in the mid-fifteenth century, created the means to mass-produce a book, the modern printing press.  It wasn’t until then that there was any kind of consumption of books by a large audience.  Book covers started to come into use in the early nineteenth century, and they were called dust wrappers.  They usually had advertising on them.  So people would take them off and throw them away.  It wasn’t until the turn of the nineteenth into the twentieth century that book jackets could be seen as interesting design in and of themselves.  Such that I look at that and I think, “I want to read that.  That interest me.”   The physical book itself represents both a technological advance but also a piece of technology in and of itself.  It delivered a user interface that was unlike anything that people have before.  And you could argue that it’s still the best way to deliver that to an audience.  I believe that the core purpose of a physical book is to record our existence and to leave it behind on the shelf, in a library, in a home, for generations down the road to understand where they came from, that people went through some of the same things that they’re going through, and it’s like a dialogue that you have with the author.  I think you have a much mote human relationship to a printed book than you do to one that’s on a screen.  People want the experience of holding it, of turning the page, marking their progress in a story.  And then you have, of all things, the smell of a book.  Fresh ink on paper or the aging paper smell.  You don’t really get that from anything else.  The book itself, you know, can’t be turn off with a switch.  It’s a story that you can hold in your hand and carry around with you and that’s part of what makes them so valuable, and I think will make them valuable for the duration.  A shelf of books, frankly, is made to outlast you, no matter who you are.

私は本を人に貸すとき、その本が二度と帰ってこないと思われる場合は決して貸さない。 実物の本は人間のようである。 意味するところは、それは背骨である。 顔を持つ。 実は、それは君の友達ともいえる。 本は、他の媒体ができないような人の根本的な経験を記録できる。 本ができる前、紀元前では骨や岩、その他自分が持っているものへ刻んで記録していた。 我々が知る本が最初にできたのは古代ローマだった。 コデックスと呼ばれる場所。ほんのカバーになる2枚の思い木の板と、それにページをはさみ、比較的簡単に持ち運べるように。 この作業は手作業で完璧に行われた。これは写本筆写者の仕事になった。 正直、それらは高価な道具だった。 15c中期のヨハネスグーテンベルクは、本の大量生産機械を開発。 その時初めて大衆に本が行き渡った。 ほんのカバーは、19c初期に、ほこり包装紙と呼ばれ、使われるようになった。 カバーにはよく広告が掲載された。 だからカバーは取り外され捨てられた。 19cから20cに代わるころにようやく尾の白いデザインのカバーが見られるようになった。 そのようなものを見ると私はこう考える。読みたい、僕を惹きつける。 実物の本自体は、テクノロジーの進化だけでなく、テクノロジーの一片を表す。 それは、人が以前まで持っていたものとは違った読み手のインターフェイスをもたらす。 そしてそれを大勢にもたらすのに最適な方法だということに賛成するだろう。 実物の本はーのためにある。自分らの存在を記録し、棚に保管する。次世代に自分らはどこに端を発するかを理解する道筋を示すため。次世代が、過去の出来事と同じようなことを経験する。そしてそれは筆者との対話なのだ。 人との関係は、スクリーン上より実物の本の上でのほうがより多く持つ。 人は、ストーリーに人と関係を持ち、ページをめくり、道筋をマークする経験をしたい。 そして本の香り。 ページに乗たった新鮮なインクが香る。 それを他のどこからも得られない。 本はスイッチで切り替えられない。 実物の本は手で持ち歩ける物語であり、その行動に価値を付与する。継続の価値。 君がだれであろうと、棚の本は君を長生きさせるためにある。